読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストにまず必要なのは量を描くことから

イラスト

イラストを描き続けていくとどうしても描く気力がなくなってくるという人も出てくると思います。私もその一人です。そこで今回は、イラストを描き続けたいと思っていてもなかなか描く気になれない人に向けて、イラストを描き続けるための心構えを書いていきたいと思います。この記事は、自分に対する戒めでもあります。

 

どうして続けられないのか

 

同じことを続けていくと最初は楽しいと思っていたとしても、面倒だと思うときが必ずあります。この話はイラストに限ったことではありません。これまで部活に所属していた人であったり、いま現在部活に所属している人であれば、こういった気持ちはわかると思います。どんなことをするにしても、最初から最後までずっと楽しいものなんてないと思います。

 

続けることによって得られる達成感

 

でも続けることは辛いことばかりではありません。続けることによって生まれる新しい発見もあります。また、過去に書いたイラストと比べるとその成長ぶりに気づくこともあるでしょう。何枚か描いただけで成長を感じるのは難しいですが、描き続けることによってその差は歴然となってくるはずです。

 

辛さを理解した上で描き続ける

 

同じことを続けると、辛いことや大変なこと、やる気をなくしそうになるときは必ずやってきます。でもそれを乗り越えることによって生まれる喜びもありますし、さらなる高みを目指すこともできるのです。立ちはだかる壁から逃げ出してしまうと成長は止まってしまいます。日常生活と同じように、イラストを描き続けることも山あり谷ありの繰り返しであることを理解して頑張りましょう。

 

好きなときだけ描くだけでは上達しない

 

イラストの場合は「量が大事」と言うと違うと反論する方もいるかもしれません。ですが、何もないところから質は生まれません。「イラストの描き方」など方法論だけ調べて満足するのではなく、習ったこと実践してみることが大事だと思います。